TOP > note > WordPressテーマユニットテストデータ日本語版を更新したよ!

WordPressのテーマを開発する際に、テーマの表示を確認するための「テーマユニットテストデータ」というものがあります。 投稿や固定ページやコメント、メニュー等で崩れがないか確認できるダミーデータです。

様々な場合を想定した(投稿タイトルが長い短い、各種タグ、画像の回り込み、特殊文字、カテゴリー、階層の深いコメント、等)データとなっています。 WordPressの公式ディレクトリに掲載する場合はこのデータの英語版を使ってテストします。 今回はそのテーマユニットテストデータを有志が集まってみんなで日本語に翻訳しました。

WordPressテーマユニットテストデータ使い方

日本語版データはこちら→https://github.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja


(英語版はこちら→https://wpcom-themes.svn.automattic.com/demo/theme-unit-test-data.xml)

1)管理画面のツール->インポートで「WordPress」からインポート。

1

2)「ファイルを選択」でWordPressテーマユニットテストデータのxmlを選択。  「ファイルをアップロードしてインポート」をクリック。

2

3)今回WP-Hangoutsという集まりで翻訳したので投稿のユーザーネームが各各表示されています。  投稿のユーザーを付け変えたいようであれば変更したいユーザーをselectで選択するか新しいユーザーネームを記入してください。

3

4)画像もインポートしたい場合はチェックを入れて「submit」で完了!

4

このテーマユニットテストデータ日本語版をこうしてインポートすると up とにかくWordPressで想定されうる様々な記事やページが作られます。


請負のお仕事でテーマを作成する時に、どんな記事を作っても崩れない!という検証がこのテストデータを使えば行えます。 全部インポートして試してみるのがおすすめですが、テストサイトなどでダミーデータを入れなければいけない時に、このテーマユニットテストデータを使ったローカルサイトを作っておいて投稿記事をコピーして使うということもできます。

と、言うわけで再度データ。前の日本語版データに、GithubでTaiさんがコミットしてくださいました。

Github https://github.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja

zipでダウンロードしたい方はこちら https://github.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja/archive/master.zip


テーマユニットテストに関するCodex記事はこちら→WordPress Codex テーマユニットテスト

一緒に翻訳をして下さった @tekapoさん @bren_bossさん @naokomcさん @miya0001さん @odysseyさん Masaya Hayashi さん @dk45blog さん mako0901さん ありがとうございました!楽しかった!

今回翻訳をしたWP-Hangoutsという試みではGoogle Hangoutsを使って、夜に集まれる人間が集まってわからないことを教え合いながらWordPressに関することを作業するという感じのことを不定期で行っています。 興味のある方はお気軽にお声がけくださいー。


WordPressの「メディアの追加」が効かなくなった時の対処法メモ arrow-right
Next post

arrow-left レスポンシブ + フラットデザインで WordPress テーマを作ってみようをお話します(WordBench大阪×JAWS-UGコラボレーション企画)
Previous post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です