TOP > note > WordCamp Europe 2016 に参加してきました

少し前の話になるのですが、WordCamp Europe 2016 に参加してきたのでそのレポートを。(ちなみにここから、WordCamp Kansai 、 WordCamp Tokyo とレポートが続く予定。)

 

WordCamp Europe への参加は2回目。1回目は、初めての”Europe”という名前で行った時でした。
その時のレポートはWP-Dというサイトで書いています。→WordCamp Europe 2013に参加してきました

WordCamp Europe 2013 の時の参加人数は1000人に満たないぐらいだったと思うのですが、今回は3000人!とのことで、ヨーロッパでの WordPress コミュニティの成長を感じました。

31220003

会場はウィーンの MuseumsQuartier(ミュージアム・クォーター)という、美術館などが集まっているカルチャーエリアの中の2つの建物を使って行われ、メイン会場は大ホールのセッションとスポンサーエリア、サブ会場はコミュニティのアンカンファレンスと小さめのセッションが行われました。

31100007

大ホールの雰囲気もとても良かったのですが

31220001

個人的にはサブ会場が、レオポルド美術館(エゴン・シーレとクリムトのコレクションが充実している)の地下で行われていて、WordCamp 参加者は美術館もそのまま鑑賞できて、素晴らしい会場だな、と。地域のイベントとして、その国の文化をそのまま知ることもでき、「自分たちのやっていることはとても文化的なんだよ」ということを体現しているように感じました。

31220002

今回の WordCamp EU では日本からもスポンサーとしてAMIMOTOが参加していまして、上の写真はその様子。わりとスポンサーブースにも興味を持っていろんな方がいらっしゃるようでした。WordCampのスポンサーは、スポンサーでもあるけれどコミュニティのサポーターでもあってどういうことをやっているか知らせたいというニュアンスよりも、ノベルティ持っていってね、とか緩めの雰囲気が強いようで私もエコバッグやTシャツをいただいたりしました。あとブースでミニハッカソン的なものをしていたりしたのも面白かったです。

30840022

会場内では、朝から飲み物とフルーツが提供されていて、こういう心尽しは居心地の良さをを生むのですごくありがたいですよね。この手前に写っている平べったい桃が皮ごと食べれて美味しかったです。今回、宿をAirbnbを使って取ったので、スーパーマーケットにも良く行ったのですが、フルーツの安さはウィーンの良いところの一つだと思いました。

閑話休題。

img_5629

セッションでは、セッションスライドにスピーチと同時に話していることが字幕で入るようになっていまして、ヒアリングが追いつかない私にはとてもありがたかったです。アクセシビリティの観点からもこういう試みはいいなあと思ったのでした。(写真は高野直子さんのセッション)

img_5665

アクセシビリティと言えば、今回もアクセシビリティのセッションはあって、他言語対応とともに「誰でも WordPress を使える」という観点は一貫していると感じたし、自分も大事にしたいなあと改めて。

img_5562

上のアクセシビリティセッションでも出てますが、WordPress 日本語公式キャラクターのわぷー”wapuu”は人気で、歴代ヨーロッパわぷーシールがあったり、わぷー塗り絵があったり、スポンサーさんでもデカわぷーぬいぐるみと一緒に写真を撮ってくれるとかありました。カネウチカズコさんの力と、一番最初にわぷーに違うものを抱かせる提案をしたToruさんすごいと、しみじみ。

1日目、2日目はセッションデイで、サブ会場で行われた Meet up (アンカンファレンス)にも参加したのですが、もっと話せるようになりたいという気持ちが強まるばかり。ここら辺はもっと努力しなくちゃですね。

img_5715

3日目のウィーン大学で行われたコントリビューターデイも同じ。どちらかというと「話せない」ということに自分で負けちゃうみたいなところがあるなあと。でも、コミュニティチームの話に参加して得るものは大きかったと思うので良かったです。あとは精進。

img_5709

2日目夜にアフターパーティがあったのですが、こんなプリクラ風のものが撮れたり。会場のホールの裏がパーティ会場となっている不思議な作りでした。

今回は、AMIMOTOな組長&皆さま、西川さんご家族、三好さん、清野さん、森山さん、直子さんご家族、宮さん、カイトさん、小蕎さんと、何かとお世話になりました。ウィーンに着いてUberで呼んだタクシーの運転手さんとうまく行き会えなくていきなり電話で話さなくたいけなくなったと時には死ぬかと思いましたが、概ね何事もなく過ごすことができたのは皆さまのおかげです。そして何より楽しかった!
それから、こんな風に「WordPress のカンファレンスがあるからウィーンに一人旅してきたい」というような話を受け入れてくれる夫と娘に感謝を。

WordCamp以外では1日自由行動の日がありまして、ウィーンの図書館を一人で見て回ったりしました。その様子はきっと http://nukagajunko.com/ の方にて。

最後になりましたが、楽しいそして有意義な WordCamp Europe を作ってくれた実行委員長の Petyaさんはじめスタッフの皆さま、ありがとうございました。


WordBench Nagano (長野) vol.6 "WBNagano Special!!!" にてお話ししてきました arrow-right
Next post

arrow-left WordPress 公式ディレクトリ掲載テーマ「nu2013」 をアップデートしました
Previous post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です